入浴時の使用法

| 未分類 |

アロマオイルの楽しみ方には、様々な方法があります。空気中に漂う香りを嗅いだり、肌に直接塗るなど、あらゆる角度からアプローチすることで身体や心のリラックス効果が得られます。
入浴の際にアロマオイルを利用する方法を、沐浴法と呼びます。全身浴での沐浴法のやり方は、約200リットルのお湯を浴槽にためた後、アロマオイルを5滴を上限に入れます。よくかき混ぜてから10~15分ほど肩までゆっくりと浸かりましょう。
半身浴であれば、みぞおちまでのお湯でアロマオイルを3滴ほど入れ、汗が出るまで浸かります。部分浴であれば、洗面器かバケツにお湯をはり、3滴以下のアロマオイルを入れて、10~15分くらい足や手を温めてください。沐浴法で使用するアロマオイルは好みで選んで構いませんが、ラベンダーやゼラニウムがおすすめです。
入浴しない時は、部屋で手軽にできる芳香浴で、アロマオイルを楽しんでみましょう。
やり方はとても簡単で、ティッシュにアロマオイルを1~2滴垂らし、机や棚の上に置くだけです。
ティッシュではなく、芳香浴専用器具を使っても構いません。アロマポットや電気式のアロマランプを利用すれば、アロマの効果以外にインテリアとしても楽しむことができます。