副作用

| 未分類 |

疲労回復や免疫力の向上、心身のリラクゼーションなど様々な効能で人気のアロマオイルですが、選ぶ際にチェックしなければならないポイントが副作用です。
いくら効能が優れていたとしても、使用によって副作用のリスクがあるようでは安心して使用することはできないので、しっかりと知識を持って種類を選ぶことが大切です。
まず、アロマオイルの使用法としては、純粋に香りを楽しむ芳香浴の他に、アロマバスやマッサージなども代表的なものとして挙げられますが、これらの肌に直接付ける方法で使用する場合、光毒性の有無に注目する必要があります。
光毒性があるアロマオイルの場合、アロマバスやマッサージで肌に付いた状態で紫外線を浴びるとダメージを負ってしまう恐れがあるので、必ずチェックするようにしましょう。
また、敏感肌の場合、高濃度で使用すると肌トラブルの原因となってしまう恐れがあるので、肌に負担の無い低濃度で使用することが大切です。
そして、妊娠中にアロマオイルを使用する場合は、特に注意して種類を選ぶことが重要となります。
アロマオイルの中には、妊娠中に使用してはならないものもあるので、しっかりと確認してそうした種類のものを避けると同時に、負担とならない芳香浴で楽しむのがおすすめです。