芳香剤としての使用法

| 未分類 |

市販されている芳香剤は臭いが強すぎて苦手という人は少なくありません。口コミをチェックしたり、試供品のにおいをかいでみても、合成香料の香りは強すぎて、なかなか理想的な香りを手に入れるのは難しいという人もいます。トイレのような狭い密閉空間の場合、嫌な香りがしすぎると、リラックスできないどころか気分が悪くなってしま場合もあります。そんな人にはアロマオイルを使用するのがお勧めです。重曹とアロマオイルを使った芳香剤はとても簡単にできて自然の良い香りを楽しむことができます。手ごろな大きさのお皿や瓶などに重曹を入れて好みのオイルを振り掛けて混ぜるだけで出来上がります。好みの香りのオイルを使って、分量は自由にアレンジすることでにおいの強さも調整できます。使用するオイルにもそれぞれ特徴があります。レモングラスやペパーミント、ユーカリなどは消臭効果の高いオイルとして知られています。殺菌効果が高いものを選ぶならラベンダーやティーツリーなどが向いています。そして何よりもこの重曹とアロマオイルの手作り芳香剤は役目を終えたら掃除のためにも使用できます。もちろんトイレばかりでなく下駄箱やクローゼットの中などで使用することもできて大変便利です。