オレンジやグレープフルーツの香りを持つ柑橘系のアロマオイルは、
初心者にも使いやすいものです。
単独で使用しているだけでも、リフレッシュ効果を感じることができますが、
ブレンドすることで、自分だけの香りを楽しむことができます。
また、ブレンドすることにより、思いがけない香りのハーモニーが生まれて、
相乗効果を期待することができます。

柑橘系の香りと相性の良いオイルは、フローラル系やハーブ系と言われていますが、
樹木系との相性もいいです。

香りの強いもの同士をブレンドしてしまうと、きつすぎてしまうことがあります。
初めてブレンドする場合は、一滴ずつ行い、香りの強弱を考えることが大切です。

すがすがしいヒノキと、さわやかな柚子のブレンドは、
和風で落ち着いた香りにすることができます。

また、バラに似た香りを持つローズウッドに、
甘い香りのベルガモットをブレンドすると、リラックスしやすい香りになります。
ベルガモットは、他にも、ライムやオレンジ・スイートと合わせてもいい香りになります。

サンダルウッドにレモングラスをブレンドしてしまうと、
甘すぎてしまうことがあるので、注意が必要です。
試していくうちに、自分に合う香りを見つけることができます。