ボディケアへの使用法

| 未分類 |

ボディケア、ヘアケア、トリートメントのどれにでも使えるのがオイルです。入浴後の肌はやわらかい状態になっており、浸透がとても良いですので美容オイルを塗って保湿をしましょう。肘や膝などの硬くて乾燥しがちな部位は化粧水などを塗ったあとにオイルで蓋をしてあげると角質が徐々に柔らかくなっていきます。夏場は膝や肘は目立ちますので、冬のあまり目立たない時期からケアをして来年の夏に備えるのが良いでしょう。ヘアケアで重要なのは髪の毛を紫外線や静電気などの外的な刺激から守ることです。夏場は紫外線、冬場はマフラーなどの静電気によって髪の毛は痛んでしまいます。朝出かける前に2から3滴を髪になじませるだけでダメージを軽減できます。あとは入浴後のドライヤーをする際も熱から髪の毛を守るためにオイルをなじませるのは効果があります。専用の洗い流さないトリートメントが販売されていますので、そういったものを髪の毛になじませてからドライヤーを当てましょう。このようにオイルはとても万能で使い方次第で様々なケアに使用できます。しかし時間が経ったオイルは酸化している場合がありますので、一度開封したら早めに使い切るように心がけましょう。