テクスチャー13アンジェリカルートの香り成分とは、モノテルペン炭化水素類のα-ピネン・β-ピネンとオキサイド類の1,8-シネオールからなります。アンジェリカルートは、せり科の草木になり原産はヨーロッパやシベリアになります。ルートオイルは無色から淡い黄色になり、ハーブ系の香りがします。シードオイルは無色になり、香りはフレッシュなスパイシーな香りになります。アンジェリカルートの作用は、疲労困憊やストレス・不安を感じて落ち込んでいる時などに用いると精神を安定させる作用があります。体の効能は、咳や痰を鎮める作用があり呼吸器系の疾患に有効といわれています。抗ウイルス作用や抗アレルギー作用があるといわれているので、鼻炎や花粉症などにも有効になります。抗炎症作用があるので肌トラブルにも用いられることがあります。くすんだ肌を明るく透明感の肌へ導く効果があるといわれています。女性ホルモンのエストロゲンの分泌を促す働きがあり、生理不順や月経痛・更年期障害などの女性特有の疾患に効果があるといわれています。アンジェリカルートと相性の良いエッセンシャルオイルは、クラリセージ・カモミールローマン・マンダリン・ラベンダーなどになります。